検索

たからの表現 木を用いて

木工作品や漆作品は、観るのはたのしいいけれど手に入れるとなると構えてしまう、そんなところがあるかもしれません。

今回、木を用いた作品が二点あります。

牧由加里さんと田中若葉さんです。



生地は楠。

手触りは、サビ漆のせいかサラリとしていて、両手で掬い上げるように持ち上げると

ほおずりしたくなるような感覚に(傷つきやすい仕上げです、ご注意ください)。

オブジェだけでなく、違う想いが湧いてくるかも。



田中若葉作 酒器「いろは」

生地は栃。

外側が和紙肌に緑色の漆と卵殻を施した器。緑色で表現されているのが新鮮で、内側の木の色との対照がなんともモダン。栃の木特有の複雑な木目やすべすべ感で、観る目も楽しんでいただけますよ。