検索

たからの表現 能(脳)ある鷹

能ある鷹は爪を隠すというのが、あたかも優秀な例えに使われますが、

そんなふうには感じないのです。


たからもの、おおくりものをキーに、アーティストが工夫や創造を凝らして出展してくださったこの展覧会。

多くの能書きは、ご紹介していません。

ただ一作品なので、ゲストが能動的に感じ入っていただきたい思いでいます。


檜垣文乃「HIDE AND SEEK」


不安だったりどきどきだったり、案外一人になってぼんやり考える時間になったり。物言わず思い起こさせるスケッチ。


左)小牧真子「re: flowers」 右)山田奈々未「In lava」「ozone sonde」「port lockroy」


タイトルを見てもわからないものだってあるでしょう。物言わず思考を促させる作品。山田さんの「氷」は観覧者からたくさんの感嘆の声をいただきます。



坂岡知子「蘇州の古民家から覗く」「蘇州の古民家を覗く」


日本の景色とはどこか違う。日本画の色ともどこか違う。何で描いてるんだろう、人たちが口ずさむ声が聞こえてきます。物言わず引き出しの多さを持ち合わせる作品。


鷹は、生きるためにその捕獲手法を身に備えたのであって、利口だから隠しているわけではないでしょう。BIOMEのたからもの展に寄せてくださった作品は、ゴージャスでも小難しい物でもなく、アーティストのウィットを感じさせるささやかで、たのしい作品が揃いました。


たからもの展を実際にご覧いただけるのは2月13日(日)15:00までです。

Meeting You Onlineでゆったりお愉しみいただくことも可能です。