検索

㉓<たから> タチバナヒロシ

一人のアーティストが、「たからもの」「おくりもの」をキーワードに一作品のみ出展していただく展覧会が2022年1月29日(土)からスタートとします。

BIOMEで一作品だけをみて、心を震わせていただける経験もお勧めですが、

あらかじめ気になるアーティストの作風やフィロソフィー、

近況などを知っておくのも楽しいもの。

さぁ、一緒に予習と参りましょう。



 

タチバナ ヒロシ (兵庫)    -paint-


フランスの詩人アントワーヌ・メイネと作った書籍「桜の樹」

海外でのご活躍が際立つのですが?


結果的にそのようになっていますね。

特に意図はないのです。

ただ、国を越えてする共同作業は、ぼくにとって楽しいことなのです。


若い頃にメキシコへ交換留学しまして、スペイン語がわからないなりに、とりあえず絵を描く。するといろいろと反応がある。わかったり、わかられたりする。そんなことが楽しかったのです。その感覚が今もあるのですね。


つまるところ、今ここで、自分なりに穴を掘れば、どこかにつながっているような感覚ですね。






タチバナヒロシ作品の特徴は「目」。現物でご確認いただきたい。