top of page
検索

堂前守人② 「森の時間」

いよいよ2023年の堂前守人個展が始まります。

今年は「森の時間」とタイトルしました。

函館を拠点としつつ、展覧会ごとに車で日本中、作品を搬送しつつ、旅先を満喫されている堂前さん。「素敵ですね」と言えばそれまでですが、それはそれは大変な道のりと気力だと思います。「無理をしないし、ほとんど高速道路を使わないし、ときにはフェリーに乗るし」といいつつ、こうやって、展覧会活動を始めてこられてこのかた、近代化のために失われた山や森、家屋など、歴史的な建造物を中心に巡られています。


森の時間。森での時間ではなくて、森が主語。

森には、主役なるものはなくて、生きとし生けるもの、いや石や土でさえも森の一員で、仲間たちと1日を形成しているのでしょう。


今回の新しいシリーズは、名前こそついていますが、それが、リスでなくてもいいし、ハトでなくてもいい。ダイニングに、リビングにデスクに。

陶のものの楽しさを、

日々の器とともに、お楽しみください。(先日のblogもご参考に)



堂前守人 

陶 個展

「森の時間」

2023年6月24日(土)〜7月2日(日)

12:00-17:30(最終日は15:00閉廊)

水曜 休廊日

*今回堂前さんの在廊はございません。





bottom of page