検索

綿引 明浩 「Grand Parade」待望の開催です

2021年夏、綿引さんの展覧会を予定をしておりましたが、やはりCOVID-19禍で開催を断念した経緯がありました。それから1年、ようやく開催に漕ぎ着けました。


綿引さんはスマートフォンを使っていないのでね、と言われ何度かお電話でお話するにとどまり、いつもの事前におめにかかって作品についても詳しく伺うなどの時間を見出せなかったアーティストでもあります。

それもまたエキサイティングなのですが、丁寧に梱包されたパッキンから出てくる作品の数々の楽しさ。いろんなもので予習していたはずが、実際に観るのとは違う魅力が生まれます。


オリジナル技法と言われたクリアグラフ。MANABU(edu)も準備していたところ、BIOMEの判断で、ご本人の在廊もMANABUも中止とさせていただきました、もちろんCOVID-19の影響。判断が分かれるのですが、綿引さんの在廊がない個展のスタート。

しかしながら、心配は無用でした。


まずはぜひご自身の目で作品をお愉しみいただければと思います。7月31日(日)までの開催です。

©️綿引明浩 「ノスタルジア”アーネストの道”」



綿引 明浩

Akihiro Watabiki


埼玉県在住

銅版画・クリアグラフアーティスト


1984  東京藝術大学美術学部首席卒業 買上賞

1984  第2回西武美術館版画大賞展 優秀賞

1986  東京藝術大学大学院修了

1987  現代の版画 松涛美術館

1990  アートは楽しい ハラミュージアムアーク

1993  今日の水戸の美術 茨城県立美術館

1999  リュブリアナ版画ビエンナーレ

2002-3 文化庁芸術家海外派遣 スペイン

2004  西方見聞録 渋谷東急文化村ギャラリー

2005  DOMANI 損保ジャパン美術館

2006  空想図鑑 船橋アンデルセン公園美術館

2008  台北アートフェア

2011  KIAF 韓国国際アートフェア

2013  新島国際ガラスアートフェアー

2014  釜山アートショウ

2015  さかさまの絵画 常陽資料館


<作品所蔵>

東京藝術大学資料館

原美術館

東京国立近代美術館

茨城近代美術館

水戸博物館

カナダ アルバータ州立大学

新島ガラスアートミュージアム