検索

BIOMEのひとりごと

2022年は想定していない変化がたくさんあって、

多くの方にご迷惑をおかけした傍らで、多くの方に助けていただき、励ましていただき過ごしてきました。


思うような展示手法や、空気をとらえることができず、苦しんだりお休みしたりする中で、

新規性あるものも、その仕組みや成り立ちが陳腐だったり、護られていなければ簡単に模倣しやすいことを、実感として思い知らされました。


ただ、ポリシーや試行をいつもリフレッシュしていれば、劣化が軽減しやすいのかもしれない。磨いていれば独自性も光る。

しっかり考えねば、なのです。



こどもが泥遊びをすることも少なくなったようですが、ふっと振り返るとながぐつにお顔を描いていました。


BIOMEは新しい場所への移転工事が始まり、そして2−3年の計画を考えています。自分の心や思考を磨くのはいまのうちなのです。