検索

⑧<たから> 牧 由加里

一人のアーティストが、「たからもの」「おくりもの」をキーワードに一作品のみ出展していただく展覧会が2022年1月29日(土)からスタートとします。

BIOMEで一作品だけをみて、心を震わせていただける経験もお勧めですが、

あらかじめ気になるアーティストの作風やフィロソフィー、

近況などを知っておくのも楽しいもの。

さぁ、一緒に予習と参りましょう。



 

牧 由加里 (山口) -wood-


牧由加里さん

今凝っていることはなんですか?


火鉢を購入したので、この冬は火鉢と炭で楽しみたいと思っています。


ーーー

たからもの展の前に「木工」作品の楽しみ方の側面を一つ。牧さんの作品は「刳(く)りもの」といって、ノミやカンナ

のような具を用いてくり抜いてゆく工程です。成形した板を打ち付けていくものや曲げ物、寄せ木などの技法を聞かれたこともあるのでは。

刳りの工程は、木の外側から深部彫っていくことから彫刻のようなところもあり、またアーティストの手先や目で感じながら、造形を考える必要があるところが興味深いですね。

牧さんは文学、建築、デザインを学んできた経緯の持ち主であり、刳りを得意とするその技法と魅せる表面加工に期待です。





「 たからもの展には刳りものと漆の仕上げを見て頂きたいです。